上位モデルの設計ノウハウと筐体素材を踏襲し、
用途別にサイズや設置性を最適化したミドルクラスの業務用スピーカー

ヤマハ パワードスピーカー『DHRシリーズ』
スピーカーシステム『CHRシリーズ』

ヤマハ株式会社は、プロフェッショナルオーディオ機器の新製品として、SR用パワードスピーカーシステム『DHRシリーズ』およびパッシブスピーカーシステム『CHRシリーズ』を2021年10月に発売します。

[ 画像 ] パワードスピーカー『DHRシリーズ』※『CHRシリーズ』もアンプ部を除き外観は同一です。
画像ダウンロード
パワードスピーカー『DHRシリーズ』
※『CHRシリーズ』もアンプ部を除き外観は同一です。

このたび発売する『DHRシリーズ』は、「DXRmkIIシリーズ」と「DBRシリーズ」の間に入るミドルクラスのパワードスピーカーです。業務用スピーカーとして手頃な価格帯でありながら、キャビネットには「DZRシリーズ」「CZRシリーズ」と同じ木製合板を使用し、塗装には優れた耐傷性を誇るポリウレア塗装を採用しています。また、メインスピーカー用途に最適な15インチモデル『DHR15』やフロアモニター用途に最適な12インチモデル『DHR12M』、固定設備やユーティリティ用途に最適な10インチモデル『DHR10』など、多様な用途や設置状況に応じて最適化した3モデルをラインアップしています。『CHRシリーズ』は、『DHRシリーズ』とエンクロージャーや主要コンポーネントを共通仕様にしたパッシブSRラウドスピーカーです。『DHRシリーズ』と同様に、15/12/10インチユニットを搭載した3モデルをラインアップしています。

  1. 強固な木製合板を使用したキャビネットに、耐傷性に優れたポリウレア塗装を採用
  2. 用途や設置状況に合わせて最適化された15/12/10インチユニットをラインアップ
  3. 高性能DSPを搭載したClass-Dアンプにより、分解能に優れた高音質を実現(『DHRシリーズ』)
品名 品番 価格 発売時期
パワードスピーカー DHR15 オープン 2021年10月
DHR12M オープン
DHR10 オープン
スピーカーシステム CHR15 オープン
CHR12M オープン
CHR10 オープン

関連オプション

品名 品番 価格 発売時期
Uブラケット UB-DXRDHR10 オープン 2021年10月

1.強固な木製合板を使用したキャビネットに、耐傷性に優れたポリウレア塗装を採用

『DHRシリーズ』『CHRシリーズ』では、「DZRシリーズ」「CZRシリーズ」と同様にエンクロージャーの素材として、強固で耐久性の高い木製合板を使用しています。また、優れた耐傷性能を持つポリウレアコーティング塗装も採用しており、過酷な屋外使用時における劣化や運搬時の外傷からキャビネットを守ります。

2.用途や設置状況に合わせて最適化された15/12/10インチユニットをラインアップ

『DHRシリーズ』『CHRシリーズ』では、用途や設置状況に合わせてサイズや形状、機能を最適化した3モデルをそれぞれラインアップしています。

『DHR15』『CHR15』は、メインスピーカーとしての使用を想定した、15インチLF(低域)ユニットと指向制御に優れたホーンを持つHF(高域)ユニットとの組み合わせによる2ウェイスピーカーです。音の到達範囲に応じて、2つのポジションに対応したポールマウント用ソケットと吊り下げ設置のためのリギングポイントを備えており、固定設備やライブSR用の仮設のメインスピーカーとして使用できます。

『DHR12M』『CHR12M』は、当社で初めて同軸コンプレッションドライバーを採用し、フロアモニター用として最適な、透明感のある音質と滑らかな周波数特性を向上させた、12インチLFユニット搭載2ウェイスピーカーです。

『DHR10』『CHR10』は、固定設備やユーティリティでの使用に適した10インチLFユニット搭載2ウェイスピーカーです。高域ホーンのローテーションによって、縦?横いずれの設置状況においても、最適なカバーエリアが提供可能で、オプションのUブラケットを装着することで、水平?垂直のいずれでも設置が可能です。

3.高性能DSPを搭載したClass-Dアンプにより、分解能に優れた高音質を実現(『DHRシリーズ』)

『DHRシリーズ』は高効率なClass-Dアンプを搭載しており、軽量なキャビネットでありながら『DHR15』『DHR12M』では1,000Wの最大出力を実現します。また、高性能DSPや厳選されたカスタムメイドのトランスデューサーにより、高い分解能と最大音圧レベル131dB SPL peak@1m(『DHR15』)を実現しています。

4.パワーアンプ「PXシリーズ」との最適な音響システムの構築(『CHR』シリーズ)

『CHRシリーズ』に最適なDSP設定をプリセットで搭載したパワーアンプ「PXシリーズ」と組み合わせて使うことにより、ダイナミクス、音の再現性をキープしながら、スピーカーのパフォーマンスを最大化します。

モデル名 DHR15 DHR12M DHR10
形式 2ウェイバイアンプ?バスレフレックス?パワードスピーカー
再生周波数帯域(-10dB) 44Hz - 20kHz 55Hz - 20kHz 52Hz - 20kHz
公称指向角度(水平×垂直) 90°×60° 90°円錐 90°×60°(回転可能)
クロスオーバー周波数 1.8kHz : FIR-X tuning™(リニアフェイズFIRフィルター)
最大出力音圧
(実測値peak, IEC noise @ 1m)
131dB SPL 129dB SPL 128dB SPL
コンポーネント LF 15インチ コーン
2.5インチ ボイスコイル
12インチ コーン
2.5インチ ボイスコイル
10インチ コーン
2インチ ボイスコイル
HF 1.4インチ
1インチスロート径
1.75インチ
1インチスロート径
1.4インチ
1インチスロート径
アンプ駆動方式 クラスD
定格出力 ダイナミック* 1,000W
(LF:800W, HF:200W)
700W
(LF:500W, HF:200W)
連続 465W
(LF:400W, HF:65W)
325W
(LF:260W, HF:65W)
冷却方式 空冷ファン、4段階スピード
消費電力 74W(1/8出力時)、18W(アイドル時) 60W(1/8出力時)
18W(アイドル時)
電源電圧 お買い上げの国?地域により100V, 110-120V, 220-240V 50/60 Hz
AD/DAコンバーター 24bit 48 kHz サンプリング
プロセッサー OFF、100Hz、120 Hz、24dB/オクターブ
D-CONTOUR:FOH/MAIN、MONITOR、OFF
入力コネクター INPUT1:Combo×1、INPUT2:Combo×1、RCAピン×2(アンバランス)
OUTPUT:XLR3-32×1(CH1パラレルスルーまたはCH1+CH2 ミックス)
材質 合板
仕上げ ポリウレア塗装、黒
ハンドル 側面×2 側面×1 上面×1
ポールマウントソケット 35 mm×2
(水平0°と-7°)
35mm×1
吊金具取付ポイント 上面×2、背面×1
(M10×30-50mmアイボルト取付用)
- 上面×2、背面×1
(M10×30-50mmアイボルト取付用)
フロアモニター角度 -
寸法(幅×高さ×奥行) 432× 692× 405 mm 500× 343× 454 mm 305× 494× 300 mm
質量 24.0kg 16.5kg 15.0kg
別売アクセサリー - UB-DXRDHR10
  • *個々のアンプ出力の合算値になります。また、ソフトウェアによる保護を開放して測定した値です。
モデル名 CHR15 CHR12M CHR10
形式 2ウェイ?バスレフ型?パッシブスピーカー
再生周波数帯域(-10dB) 49Hz - 20kHz 61Hz - 20kHz 55Hz - 20kHz
公称指向角度(水平×垂直) 90°×60° 90°円錐 90°×60°(回転可能)
クロスオーバー周波数 2.0kHz 1.8kHz 2.5kHz
公称インピーダンス
音圧レベル 軸上1W:1m 95dB SPL 93dB SPL 93dB SPL
ピーク(計算値) 125dB SPL 123dB SPL 122dB SPL
コンポーネント LF 15インチ コーン
2.5インチ ボイスコイル
12インチ コーン
2.5インチ ボイスコイル
10インチ コーン
2インチ ボイスコイル
HF 1.4インチ
1インチスロート径
1.75インチ
1インチスロート径
1.4インチ
1インチスロート径
定格出力 ノイズ 250W 175W
プログラム 500W 350W
ピーク 1,000W 700W
入力コネクター speakON NL4MP×2(パラレル)
材質 合板
仕上げ ポリウレア塗装、黒
ハンドル 側面×2 側面×1 上面×1
ポールマウントソケット 35 mm×2
(水平0°と-7°)
35mm×1
吊金具取付ポイント 上面×2、背面×1
(M10×30-50mmアイボルト取付用)
- 上面×2、背面×1
(M10×30-50mmアイボルト取付用)
フロアモニター角度  
寸法(幅×高さ×奥行) 432× 692× 405 mm 500× 343× 454 mm 305× 494× 300 mm
質量 22.0kg 15.6kg 13.7kg
別売アクセサリー - UB-DXRDHR10
  • ※文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。
  • ※このニュースリリースに掲載されている製品情報や問い合わせ先などは、発表日現在の情報です。
    発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。